【サブスク解禁】小次郎 feat. 惺光 玖拾玖の新作アルバム『破滅の劫火』が全世界配信開始

日付
2022/11/1
カバー
Untitled.png
カテゴリ
惺光 玖拾玖

各種サブスクサービスへのリンクはこちら

破滅の劫火 ~The Hellfire of Ruin~ (2022 Original) by 小次郎
音楽配信サービスで 小次郎(コジロウ)の破滅の劫火 ~The Hellfire of Ruin~ (2022 Original)を聴く。[この音源はフルアナログレコーディングのサウンドを出来る限り損なわない様、敢えて音圧を稼いでおりませんお好みの音量でお楽しみくださいませ]------- [Player編集長 北村和孝氏からのライナーノーツ →] TKことex. 青龍武蔵 (AG)、志歩 (Fretless Bass)、真一(Drums)、誠 (EG) が、リードギタリストに惺光玖拾玖(さとみつくも)をフィーチャーする形で、トリプルギター編成のインストゥルメンタルバンドとしての境地を歩み出したのが小次郎 feat. 惺光玖拾玖である。元々、母体となるバンドの小次郎はポストロックやプログレ、エキゾチックなロックの魅力を持っていたが、遂に完成したアルバム『破滅の劫火』では、プロデューサーにHoppy神山を迎えたことでニューウェーヴ、インダストリアル、ポストパンク、現代音楽のテイストも台頭、極めてユニークなギターロックが具現化している。さらにこのレコーディングは、近藤祥昭氏をエンジニアに迎え、現在では世界的にも数少ないアナログレコーディングの名スタジオ"GOK SOUND STUDIO" にて行なわれた。 TK (ex.青龍武蔵)によるグルーヴィかつパワフルなアコースティックギター、誠のドライヴィンかつエフェクティヴなエレクトリックギターによるリフワーク、変拍子を多用した真一のタイトなドラミング、底辺を唸らす志歩のフレットレスベースを基盤に、アーミングを駆使し、エモーショナルなタッチ感でとにかく歌いまくる惺光玖拾玖(サトミツクモ)によるリードギターが圧巻。Hoppy神山による鍵盤楽器、さらには生のストリングスカルテットやトランペット、コーラスのオーバーダビングも行われるなど全8曲、アルバム『破滅の劫火』は見事なまでの完成度で仕上がった。 トラックリスト: 破滅の劫火 (feat. 惺光玖拾玖) [2022 Original Master], すべての天上を望んだ祭壇 (feat. 惺光玖拾玖) [2022 Original Master], 厭世回帰 (feat. 惺光玖拾玖) [2022 Original Master], ハークアインの栄華 ~ Jarkein (feat.
 

ご視聴はこちら